事業概要

里山林は、居住地近くに広がり、古くは薪炭用材の伐採、落葉の採取等を通じて地域住民に継続的に使用されることにより、維持・管理されてきた森林のです。しかし、昭和30年代からの石油・ガスなどの化石燃料の普及、化学肥料の普及等により、里山林と人々の生活の関係が希薄になり、利用価値がなく放置されるようになったことから、進入竹などによる荒廃が進んでいます。そこで国では、地域住民やNPO法人、民間団体などの活動組織が、里山林の保全管理や資源を利用するための活動を支援することで、地域の里山林の再生を促し、森林の持つ多面的な機能を発揮させるため、平成25年度から森林・山村多面的機能発揮対策交付金事業が創設されました。これを受けて徳島県では、徳島森林山村づくり協議会を発足し、県内の活動組織お共同活動や将来的に自律的な林業経営を目指す活動を支援しています。

森林・山村多面的機能発揮対策交付金事業とは?

里山林の保全管理や資源を利用するための以下のような活動に対して助成を行います。

※令和元年度事業から教育・研修活動タイプは廃止となりました。

対象活動と支援内容